Mission

大切な子供服シェアしてみませんか?

身近なシェアリング市場

使われていないモノや場所、スキルなどをインターネットで仲介し、貸し借りや売買をするシェアリングエコノミー。海外ではすでに馴染みのある言葉ですが、日本でもその裾野が広がりつつあります。車を所有していない人が必要な時だけ車を使用できるカーシェアリングサービスや、自宅の使っていない駐車場を他人に貸し出す駐車場のシェアサービスなどがその一例です。何気ない日常生活にも浸透しつつあるシェアリングサービスは、私たちの生活をもっと便利に快適に変えていくことでしょう。

大切な思い出があるからこそ、子供服をシェアしたい

これまでは「所有する」という考えが強かったアパレル業界の商品に関しても、シェアリングサービスが広がってきています。成長に合わせてすぐに着られなくなってしまうことが多い子供服は、これまで捨ててしまっているご家庭も多くあったのではないでしょうか。しかし大切な思い出が詰まった子供服だからこそ、簡単に捨てられないもの。近年ではインターネットやスマートフォンの普及に伴い、着られなくなった子供服をネット上のサイトで販売したり、特別な行事の際にだけ必要な子供用のアイテムをレンタルしたりできるようになりました。一生に一度しかない大切なお子様の幼少期だからこそ、気軽にお得に多くの子供服を試したい。家族のニーズを満たしながら環境にも優しいシェアリングサービスは、今後も大きく成長していくことでしょう。

人にも環境にも優しいシェアリングサービスを広げるキャリーオン

不要になった子供服をインターネットを通じて買い取り、必要とする人に販売するシェアリングサービスを展開するキャリーオン。子供服はお子様の成長に合わせて必要なサイズが変化しやすいため、まだ十分に着用できる状態のものでも処分してしまうケースが少なくありません。まだ着られる衣類を処分することは、家庭内だけでなく、環境に対しても一定の負荷をもたらします。キャリーオンは今後も自社のサービスを通じて、新しいアパレル業界の可能性を探求し、中古服やシェアリングのマーケットを第一線で牽引していきます。