Mission

「地球に優しい」アパレル業界へ

環境負荷の大きいアパレル業界の真実

石油・ガス業界についで、世界第2位の環境汚染産業といわれているアパレル業界。日々の生活で身に纏う洋服の数々が、地球の大きな犠牲の上に成り立っているという現実に、私たちはどのように向き合うべきでしょうか。余剰在庫や衣類の廃棄量は地球規模で膨れ上がり、アメリカでは年間1300万トン、日本では年間100万トンもの衣類が廃棄されているといいます。ファストファッションが代表するように、アパレル商品は入れ替えやトレンドの移り変わりが激しく、需要予測が困難と言われている点も大きな課題です。「環境に責任をもち、持続可能であること」を求める消費者が増加する中、アパレル業界はいま、持続可能な社会にふさわしい解決の道を探る必要に迫られています。

アパレル業界がいま、環境問題に向き合うということ

環境問題という地球規模の大きな問題は、決してひとりの力だけでは解決できません。しかし現状に目を向けて立ち止まり、問題提起を行い、小さなアクションをそれぞれがおこしていくことで、解決の糸口には近づくことができるはずです。ファッションのシステムを、アパレル業界全体のシステムをアップデートすること。消費に対する考え方を変えていくこと。単に利益を求めるのではなく、持続可能なビジネスを通じて新しい価値を生みだすこと。そして何より、環境に配慮したファッションが当たり前の世の中をつくること。私たちひとりひとりの選択によって、地球の未来は、少しずつ確実に切り開かれていくはずです。

キャリーオンが導く新しいアパレル業界のかたち

不要になった子供服などをインターネットを通じて買い取り、必要とする人に販売するシェアリングサービスを展開しているキャリーオン。子供服はお子様の成長に合わせて必要なサイズが変化しやすいため、まだ十分に着用できる状態のものでも処分してしまうケースが少なくありません。まだ着られる衣類を処分することは、家庭内だけでなく、環境に対しても一定の負荷をもたらします。キャリーオンは今後も自社のサービスを通じて、新しいアパレル業界の可能性を探求していきます。