Mission

アパレル業界を通してみえるSDGs

つくる責任とつかう責任

2015年9月に国際連合の総会で採択されたSDGsでは、持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットが設けられました。なかでも「つくる責任とつかう責任」をうたう12番のゴールでは、持続可能な方法で生産し責任をもって消費するサイクルの構築を掲げています。大量生産に大量消費、そして大量廃棄が社会的に問題視されている現代の社会。消費者も生産者も地球に大きな負担をかけている現状を把握し、新しい生活と経済のあり方を考え始める必要に迫られているのです。

アパレル業界から世界を変える

華やかにみえるアパレル業界の裏側では、服の生産過程で生じる水質汚染や後進国での児童労働、そして長時間労働といった様々な問題が問題視されています。アメリカでは年間1300万トン、日本では年間100万トンもの衣類が廃棄されていることにも注目しなくてはいけません。こうしたアパレル業界の課題を解決するため、近年ではリサイクル素材やオーガニックコットンを使用したブランドも台頭しつつあります。私たちが今着ている服はどこでどのようにつくられたものなのか。消費者として何にお金を使うべきなのか。消費者の生活と密に接しているアパレル業界は、それぞれが少し意識を変えるだけで、世界をより良い方向に進めることができるはずです。

つくる責任とつかう責任に向き合うキャリーオン

キャリーオンは子供服のシェアリングサービスを通じて、これまでに多くの衣類を買い取り、子供服の廃棄量を軽減するビジネスを展開してきました。深刻な環境問題を解決する、大切な一歩になると確信しています。アパレル業界の一翼を担う企業としてつくる責任とつかう責任を果たすため、キャリーオンは今後も様々な取り組みを進めていきます。